電話・FAX

ご挨拶

院長 岡田 昌義 

明石病院は、昭和29年に診療所が開設され、昭和44年より病院となりました。
京都の下京区で、地域医療の歴史の長い病院です。

日本での医療機能の変化に伴い、明石病院の地域での働きも変化しました。
現在は、周辺の関連医療機関との連携を密にしながら、プライマリ・ホスピタル(初期治療・かかりつけ医療の病院)として、亜急性期から慢性期の患者さんの治療および退院後の生活に向けたリハビリテーションの充実化を図っております。

また、在宅治療中の患者さんで、少し体調を崩された場合、一時的に入院や加療をしていただけるよう、他病院・診療所・介護施設・地域包括支援センターとの協力体制もさらに推し進めてまいります。

地域のみなさまにいっそう満足していただけるよう、病院スタッフ一丸となって努力を重ねてまいりますので、今後とも、明石病院を何卒よろしくお願いいたします。

served.
>